クメール演劇の衰退と市民の憩い / The Cambodian Theater

カンボジアが誇る伝統「クメール演劇」が衰退している。国内にインターネットが普及する以前、人々の娯楽、社交の場として重要な役割を担ってきた伝統芸能を守り伝えようとする数少ないアーティストの情熱に焦点を当てた、7分間のドキュメンタリー。

危機に瀕した伝統を守る人

上演に向けて準備をする人々の姿を映して、7分間の映像が始まる。彼ら・彼女らの大半は本業と並行して季節巡業に従事しているアーティストで、役を演じながら舞台演出も担当するなど、複数の役割を担っている。存在さえ知られなくなっているクメール演劇を継承することを目的に、自主的に集まっているグループを追ったドキュメンタリーには、演劇シーンと観客の反応を複数箇所切り取ることで、過去から受け継がれてきた「生活の中の演劇」を描写している。一方で、クメール演劇そのものに関する解説はほとんどなく、当事者へのインタビューに終始している。

The Cambodian Theater

クメール・ルージュと演劇文化

1970年代のクメール・ルージュ時代に失われかけた伝統演劇をはじめとした諸文化は、およそ半世紀を経る中でその認知度はさらに弱まっている。王朝時代において特別な場面で上演されてきた「王宮古典舞踏」「影絵芝居」は非常に有名だが、対して「バサック劇」は20世紀諸島に現在のベトナム南部から伝わった娯楽演劇であり、一般の人々から圧倒的な支持を得てきた歴史がある。登場人物の語りと歌によってストーリーが展開され、扱われるものは古典物語であり、庶民の生活に根付いてきた。ただし、国内外の研究者からの注目が特段に高かった訳でもないことから研究実績も限られている。

こうした伝統芸能の衰退に際して、コンテンポラリー・ダンスの立場からその再興を目指す「アムリタ・パフォーミング・アーツ」、ポップ・カルチャーを融合させた巨大フェス「ボンプン(Bonn Phum)」など、若手アーティストを中心にアイデンティティの再構築とも取れるムーブメントが数々見られる。

The Cambodian Theater

背筋を伸ばして演技に見入るのではなく、食事をしながら談笑し、その傍らでパフォーマンスに目を向ける観客の姿勢からは、演劇が人々の生活に当たり前のように浸透してきた歴史を垣間見ることができる。小さな子どもが、演者の動きや言葉に笑う姿も、「衰退」とは対極にある印象を与える。数々の伝統芸能が直面する「古臭さ」というイメージと「今っぽさ」に身を委ねる難しさが、このクメール演劇が今まさに経験している苦悩なのかもしれない。

本作品は、京都大学東南アジア地域研究研究所主催「ヴィジュアル・ドキュメンタリー・プロジェクト2018」の入選作品であり、2016年にカンボジア・プノンペンに拠点を置く映像作家ソペアク・ムァンによる監督作品である。

カンボジア・シアター The Cambodian Theater

Cambodia 2016/Color/7min/Khmer